スポンサーサイト

  • 2018.04.24 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    亀山早苗ゼミ第1回講座「ゲスか、純愛か――“不倫”を考える!」、ゲスト講師、ご挨拶!

    • 2016.04.30 Saturday
    • 23:30
    618日(土)に開講する「大人の学校」の亀山早苗ゼミ第1回講座「ゲスか、純愛か――“不倫”を考える!」。専任講師のノンフィクション作家の亀山早苗様と、ゲスト講師のホワイトハンズの坂爪真吾様からご挨拶文をいただきました。
     
     
    ■ゼミの第1回のテーマは「不倫」です――亀山早苗
     
    第一回目の亀山ゼミを開講することとなりました。まずはこのテーマしかないでしょ、ということで「不倫」を取り上げます。
     
    ゲストには、『はじめての不倫学』を書かれた坂爪真吾さんをお迎えします。個人の領域である「不倫」を社会学の観点で書かれたこの本、とても多くの人に読まれました。もはや、不倫は個人のものではなく、社会的な事象なのかもしれません。
     
    そのあたりを、坂爪さんとあーでもないこーでもないと話せればいいなと思っています。そして、来てくださった方たちの「不倫観」「婚外恋愛観」もうかがえたら幸いです。
     
     
    ■私たちの社会が不倫とどう向き合うのか―ー坂爪真吾
     
    ホワイトハンズの坂爪真吾と申します。この度は、亀山早苗ゼミの記念すべき第1回講座にお招き頂き、大変光栄に思っております。亀山さんの不倫に関するご著作は以前から拝読しておりまして、今回対談という貴重な機会を頂き、感謝しております。
     
    昨年刊行した拙著『はじめての不倫学』は、不倫を各人の意思や道徳といった「個人の問題」としてではなく、様々な制度や文化、経済などの諸問題が絡み合った上で生じる「社会の問題」として捉えた上で、不倫によって不幸になる人を減らすための現実的かつ具体的な処方箋を提示した一冊です。
     
    これまで数多くの不倫に関するルポルタージュを書かれてきた亀山さんとの対談の中で、そうした処方箋がどこまで有効なのか、どのような課題があるのか、そして私たちの社会が不倫とどう向き合っていけばよいのかを、じっくり議論させて頂ければと考えております。何卒宜しくお願いいたします。
     
    ■専任講師・ゲスト講師プロフィール
     
    ●亀山早苗(かめやま・さなえ)
     
    1960年、東京生まれ。明治大学文学部卒。フリーライター。女性の生き方を中心に恋愛、結婚、性の問題に積極的に取り組む。著書に『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『「妻とはできない」こと』『「夫とはできない」こと』(WAVE出版刊)、『渇望−性、更年期、そして孤独感』(中央公論新社刊)、山路徹との対談本『おとなの関係-性と心とからだと愛』(中央公論新社)、小説に『渇いた夜』『不倫ざかり』『(二見書房刊)、『愛より甘く、せつなく』『「大人の恋」は罪ですか?』(徳間書房刊)、また、消防署員の男たちを追った異色ノンフィクション『救う男たち〜東京消防庁の精鋭ハイパーレスキュー』『救う男たち供租豕消防庁で日々「人の命」と向き合う隊員たち』(WAVE出版刊)、『くまモン力 人を惹きつける愛と魅力の秘密』(イースト・プレス刊)、『婚外恋愛』 (メディアファクトリー新書)。最新作は“平日昼顔人妻”を取材した『妻たちのお菓子な恋』(主婦と生活社)。 
     
    亀山早苗「カフェ・ファタル」
     http://www.viofatale.com/
     
     
    ●坂爪真吾(さかつめ・しんご)
     
    1981年新潟市生まれ。一般社団法人ホワイトハンズ代表理事。東京大学文学部卒。新しい「性の公共」をつくる、という理念の下、重度身体障害者に対する射精介助サービス、性風俗産業の社会化を目指す「セックスワーク・サミット」の開催など、社会的な切り口で、現代の性問題の解決に取り組んでいる。2014年社会貢献者表彰、2015年新潟人間力大賞グランプリ受賞。著書に『はじめての不倫学』(光文社新書)、『セックスと障害者』(イースト新書)『性風俗のいびつな現場』(ちくま新書)、『男子の貞操: 僕らの性は、僕らが語る (ちくま新書)などがある。テレビ、新聞、雑誌、講演会など、各所で積極的に情報発信、提言をしている。
     
    「一般社団法人ホワイトハンズ」
    http://www.whitehands.jp/menu.html
     
     
    ■■亀山早苗ゼミ 第1回講座「ゲスか、純愛か――“不倫”を考える!」■■
     
    ■日時:2016618日(土) 開場:午後1時30分 開演:午後2
     
    ■場所:東京・新宿「Cafe  Live Wire新宿」
     
    新宿Cafe Live Wire  (Biri-Biri酒場 改め)
    東京都新宿区新宿5丁目11-23 八千代ビル2F 
    TELFAX 03-6273-0430(「碌に為さんが惜しみゼロ」)
     
    都営新宿線「新宿3丁目」駅 C68出口から徒歩5
    丸ノ内線・副都心線「新宿3丁目」駅 B2出口から徒歩8
    JR線「新宿」駅 東口から徒歩12
     
    http://go-livewire.com/
     
     
    ■参加費:入場料:前売り2000円+ドリンク代1000円(2ドリンク付き)・当日2500円+1000円(2ドリンク付き)
     
    ※ソフトドリンク、アルコールなどの追加オーダーは別途、各人お支払ください。
     
    前売りに関しては、以下へアクセスいただき、直接、お申込みいただければと思います。
     
    http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=101563482
     
    前売りをお申込み後、 schoolforadult@yahoo.co.jp  まで、以下の受講願書をお出しください。
     
    ■受講希望願書■
     
    ■お名前(ハンドルネーム可)
    ■性別(男性・女性)
    ■年齢(未成年でなければ年齢制限はありません)
    ■居住区(都道府県)
    ■職業(大体でかまいません)
    ■自己紹介(あなたのブログ、HPなどありましたら、お教えください)
    ■亀山早苗ゼミナール第1回に関してのご質問&ご要望
    ■ご連絡先(フリーメールでもかまいません)
    ■前売り券は購入済・未購入
    ■懇親会に出席する・出席しない
     
    ■主催・大人の学校 
    http://school4adult.jugem.jp/


      
    ■後援・アイディルーブ
    http://www.idlubejapan.com/


    協賛・秋葉原ラブメルシー
    http://www.akibalovemerci.com
     
     
    ■問い合わせ先・ 「大人の学校」幹事会
     schoolforadult@yahoo.co.jp
     
    ※受講を希望する方は「受講希望願書」をお送りください。スパムメールと区別するため、タイトルには「受講希望」とお書きください。ご質問などありましたら、ご遠慮なく、お問い合わせいただければと思います。その場合は、タイトルには「問い合わせ」とお書きください。携帯電話、スマートフォンからお送りの方は上記のアドレスを受信可能に設定ください。
     

    スポンサーサイト

    • 2018.04.24 Tuesday
    • 23:30
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << July 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • ■潮英子のセクシュアリティ・カウンセリング・ファイルNO.4「セックス・ファンタジーと“3”の関係!」
        潮 英子 (04/18)
      • ■潮英子のセクシュアリティ・カウンセリング・ファイルNO.4「セックス・ファンタジーと“3”の関係!」
        あかうち むすき (04/17)

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM